So-net無料ブログ作成

百度(中国)が自動車のインターネット(IoV)構想を発表 [トピックス]

スポンサードリンク





ネットサービス ブログランキングへ

中国の検索エンジン大手の「百度」が、自動車のインターネット(IoV)構想を2015年1月27日に発表しました。IoVのソリューションである「CarLife」計画を推進し、IoV分野全体をカバーすることを狙っていくようです。

車内.jpg
※写真はイメージ

発表会には、アウディ、ヒュンダイ、上海GMが一同に揃い、百度とIoV分野における戦略協力協議へ調印したことが明らかになりました。

(参照元:2015.2.3 NewsPicks)

さて、IoVは「Internet of Vehicles」のことです。

モノのインターネット(IoT)が「Internet of Things」ですので、IoVは自動車分野に特化した場合の表現になりますね。

さて、発表されたCarLifeの内容は、、

百度が得意とする地図情報やナビシステムをベースにして、渋滞回避、リアルタイム駐車場検索、駐車位置記録、レーダー探知機、リアルタイム道路状況リポート、ハンドフリーでの音声操作などの機能をすべてCarLifeへ集約するとのことです。

中国にある自動車台数は1億5000万台。そのパイの争奪戦は、IoVがキーになりそうですね。

もちろん、この動きは中国だけではないです。トヨタ、ホンダ、日産など国内自動車メーカーもこのIoV戦略を持っているでしょうから、今後いろいろ動きありますね。

カーオーナーとして楽しみです。


スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。